ワクワクして働くための生産性↗向上Hacks

ワクワクは最強のライフハックなのです。

CC0の画像探しが驚くほどはかどるブックマークレット!試してみる価値あり。

どうも!

Ganapatiです。

f:id:ganapati55:20170707142227j:plain:alt=アバター

このブログもそこそこアイキャッチ画像を使っているわけですが、サイトによっては文中にもイラストや写真を配置しているところもありますね。

こうした画像は特にSNSなどでシェアされるときに威力を発揮するわけですが、本当にキャッチーな画像を作るには画像選びが重要です。

ブログはアイキャッチだけで済むのですが、サービスサイト・コーポレートサイト・ランディングページといったものにおいては複数の画像が必要な場合が多く、適切な画像を探すのが本当に大変です。

今回はそんな画像探しが格段に楽になるツールをご紹介します。

StockPhotoSearchを使って効率的に素材を探そう!

StockPhotoSearchとは?

www.mailomix.com

StockPhotoSearchは(ありがちな名前ですが)、30以上のCC0のフォトストックサイトを横断して素材を探すためのブックマークレットです。

これまで同様のコンセプトの横断検索WEBサイトは存在しましたが、「ブックマークレット」としては唯一の存在だと思います。ブックマークレットであるため「サクッと軽い動作」であっという間に素材を探すことが可能です。

ブックマークレットって?

ブックマークレットという言葉を初めて聞いた方は「ブラウザのブックマーク機能を使って展開するちょっとしたアプリケーション・ショートカット機能」と理解しておくと良いです。

実際にはjavascriptを使ってフロントエンド側で何らかの処理をしようという話だったりしますが、そんなくそ難しい話は覚える必要なし。

ブックマークレットをぽちっとクリックすると何らかの動作が始まります。

f:id:ganapati55:20180507170313g:plain:alt=ブックマークレットの使い方1
こんな感じでブックマークレットを登録するだけです。

StockPhotoSearchブックマークレットでできること

今回ご紹介するStockPhotoSearchブックマークレットはCC0画像を横断検索するためウインドウを起動します。

起動後は特定のキーワードなどを入力するだけでサクッとCC0素材サイトを横断検索し結果を表示してくれます。

検索と表示の仕組みはとても簡単で、基本的には単なる「サイトを特定したGoogle画像検索」です。

つまり自分でGoogle画像検索でサイト指定するよりブックマークレット使ったほうが簡単じゃね?って話です。

実際に使ってみた様子を紹介

アニメーションGIFでザックリ紹介します。

f:id:ganapati55:20180507170817g:plain:alt=PhotoStockSearchの使い方2
こんな感じでサクッと画像を探せます。

実際に使うときのステップ

実際に使うときですが次のようなステップです。動画を見ればわかりますけど念のため。

① ブックマークレットをポチる。

②立ち上がったウインドウ内にキーワードを入力。

③画像一覧が表示されるので使いたい画像をクリック

④「表示」をクリックして画像の配布元サイトにジャンプ

⑤配布元サイトの手続きに従って画像をダウンロード

これだけです。

ちなみにキーワード入力からダウンロードまで30秒もかかりません。Google画像検索システムを利用した場合は特に検索精度と表示が速いのであっという間です。

CC0の画像サイトを横断検索するサイトもありますが、正直いって検索結果の表示まですごく時間がかかる上に、検索意図を読んでくれないような機械判定の検索結果が多いので使いにくいのですよね。

そういう意味でこのStockPhotoSearchブックマークレットは使い勝手が非常に良いです。

StockPhotoSearchの構成と設定

画面キャプチャで軽くご紹介します。

基本的な構成

基本的な構成ですが検索面では

① キーワード検索

f:id:ganapati55:20180507171025j:plain:alt=キーワード検索のUI
キーワード検索のUI

② 画像検索(似た画像検索)

f:id:ganapati55:20180507171110j:plain:alt=画像指定検索のUI
画像指定検索のUI

の2択です。

①キーワード検索に関してはさらにGoogle画像検索を使うか各サイトごとにウインドウを立ち上げて検索するかの2択ができますが、このブックマークレットを使う最大の目的は検索精度とスピードなのでGoogle画像検索を使うことを強くお勧めします。

②に関しては画像をアップロードできません。画像URLを入力する方式です。ちょっとめんどくさいです。

これら検索に関する選択ができる他、検索対象関する基本設定等があります。

基本的な設定

基本設定は以下のようなものです。

f:id:ganapati55:20180507171148j:plain:alt=保存情報に関する設定
保存情報に関する設定

f:id:ganapati55:20180507171144j:plain:alt=検索先のサイトに関する設定
検索先のサイトに関する設定

保存情報に関する設定は特に操作は不要かと思います。

検索先に関してはデフォルトのままでもよいのですが「これ聞いたことある」というようなサイトがあれば選択しても問題ありません。問題が発生するとしたらGoogle画像検索を使わないときです。大量にウインドウが立ち上がるとブラウザが停止する可能性もあります。

StockPhotoSearchブックマークレットのメリットとデメリット

メリット:

  • とにかく処理が早い。
  • サイトで直接検索しても出てこなかったような候補が出てくる。

デメリット:

  • インデックスしていない画像(新着画像など)は検索結果に出てこない。
  • 削除済みの画像も検索結果に出てくることがある。

使う上での注意事項

StockPhotoSearchブックマークレットを使う際、Google画像検索方式の場合ちょっと注意が必要です。

検索結果一覧から対象の画像をクリックするとアコーディオン式(黒い背景)で画像の情報がまず表示されますが、そこで出てくる「関連画像」はCC0のサイト画像とは限らないということです。つまるところそこは使わないほうがベターということ。

応用編:FreePik.comでサクッとベクター素材を探す方法

さて、お気づきの方も多いと思いますが、当サイトはFreePik.comの画像を多く使用させていただいております。有料プランを使っているというのもありますが・・・。

ところがFreePik.comは検索が非常に重くイラっとする仕様になっています。

そんなFreePik.comの素材をサクッと調べる方法を思いつきました。

「○○(キーワード) vector(site:freepik.com)」

Google画像検索で上のようなイメージで検索するだけ。

超らくちんです。