ワクワクして働くための生産性↗向上Hacks

ワクワクは最強のライフハックなのです。

ブログ初心者が月間100万PVを目指すためのキーワード戦略

f:id:ganapati55:20180213173051j:plain

どうも!

Ganapatiです。

f:id:ganapati55:20170707142236j:plain

ようやく月間2万PVが見えてきた当ブログ。

なんだか楽しくなってきました。

やはりPVが右肩上がりになってくると自分自身モチベーションが上がってきます。

また、固定読者がちょっとづつ増えてくることで「共感し合える仲間」のようなものができてきているのかな・・・なんて思うとブログを書くのが楽しみになります。

そこで今回はでっかい目標を掲げて記事を書きました。

ブログで生きていくには最低月何万PV必要か?

キーワード云々の前に・・・まずはPVの話を整理しておきます。

目標とする収入があって、それを達成するためのPVがあり、PVを達成するためのキーワードがある。

このように考えるのが合理的なためです。


ここでは仮に一般的な生活費という観点から、前提条件としてとりあえず

月収50万円(いわゆる額面。税引き前金額)

上記の金額を確保するものとします。

人生という長い目で見るとリスクの割には少ないかなと思いますが、これぐらいの目標からまずはスタートする方も多いのではないでしょうか?

① ブログ(アドセンスやamazonや楽天のアフィリエイト収入)のみで生活したい人

いろんなアフィリエイターさんのブログを拝見してきて感じるPVはこんな感じかと思います。

  • 商品レビュー系のブログ:月30万PV~
  • 情報商材アフィリエイト系のブログ:月15万PV~
  • 雑記ブログ:月100万PV~

≪補記≫

商品レビュー系はAmazonなどのアフィリ収入がコツコツと結構入ってきます。問題はレビューのための仕入れコストが必要だということです。仕入れコストが高いものほどレビューの価値は上がるので市場における購入総額とライバルサイトの有無を見ながらレビュー商品を選択することになるでしょう。

情報商材系は怪しさが出てしまうことがありますが利益率が高いのでPV数少な目で行けます。まともな情報商材がどれだけあるか・・・しだいですね。無料オファー系は怪しいものが多過ぎるので注意。

雑記ブログは内容次第。PVに関してはジャンルによっては100万PVでは結構難しいかもしれません。例えば当ブログであれば200万PVは必要そうです。また、出やすいAdsense広告の種類によってもだいぶ違います。

単価の高いものであればPV数は少なくてすむでしょうし、逆であればPV数はかなり必要になります。Amazonのアフィリなんかもそんなに組み込めるわけではありません。雑記ブログ系はどれだけ個性を出して固定ファン層を創出できるかがカギになるような気がします。

② ブログ&コンサルで生活したい人

  • ジャンル問わず:月50万PV~

顔出しOKの人が結構やるパターン。

月50万PVというのは「それくらいやれば初心者には説得力があるよね」って数値。

「月1万PVだけで月50万円稼ぐ方法おしえます」の方がコンサル生が集まるかもしれません。

しかし、なんだかんだ言って月50万PVくらいの方がコンサル系(たとえばWEBマーケッター)にピボットしている感じがします。

おそらくですが月50万PVくらいになると、そこまで溜めたノウハウを生かす方向に動いた方が生産性が高いのだと思います。

コンサル系以外でも次に紹介する「サイトアフィリエイト」にピボットする人も多いようです。こっちはPV数を稼ぐのが面倒になってきたパターン。

③ ASPの商品をベースにサイトアフィリエイトを狙う人

必要PV数はジャンルにもよりますが単純式で・・・

必要PV=500,000(目標金額)÷単価÷CVR÷承認率

例えば

単価:1000円

CVR:1%

承認率:80%

であれあば

500,000÷1,000÷0.01÷0.8=62,500PV

となります。

サイトアフィリエイト系の大変なところは流行り廃りのあるジャンル・商品がどうしても多くなることですが、一方で少ないページ数とジャンルを絞った知識で何とかなるのは他にはないメリットかなと思います。

必要PVをどのようにコントロールするか?

必要PVを想定したら、次はそれをどのような戦略・戦術で達成するか?ということになります。

ここで私が考える大事な点は「いかにコントロール可能な要素・方法で達成するか?」です。

「偶然達成した」というのは応用が効かないうえに、もし将来PVがガタ落ちになったときに対応できないためです。

常に適切な方法を合理的な判断で選択できるようにする。それが大事。

さて、そのうえで私のような初心者レベルでシンプルにコントロール(選択)できるのは「検索キーワード」だと確信しています。

「コンテンツこそSEO」という考えもわかりますが、コンテンツで勝つにはそれなりに経験が必要だと思います。一方、キーワードに関しては様々な補助ツールがあるので初心者でもコツを掴めば簡単です。

そのうえでキーワードからPV獲得を狙うための要素を2つ挙げておきます。

  • ① 検索ボリューム数から狙う市場(キーワード)を決めること
  • ② ライバル・難易度から狙う市場(キーワード)を決めること

正直、初心者はこれだけで月50万PVまではいけるのでないかと・・・。

当サイトの実態を見たらなおさら確信できる

例えばですが、ようやく月2万PVが見えてきた当ブログですがその7割近いPV数を上位8記事のみ(133記事中)で稼いでいます。

そしてその8記事に関して言えば「狙ったキーワードの検索ボリュームやライバルの状況を多少なりともチェックした」うえに「そこそこ丁寧に作りこんだ」記事であるという共通点があります。

逆に「今日はこんな面白い話題があったから取りあえず紹介してみよう!」という記事はほとんどアクセスがありません。

・PVを稼げている上位8記事の作成に要した時間は1記事当たり4時間~6時間くらい。

・ PVを稼げていない記事の作成に要した時間は1記事当たり1時間~2時間くらい。


ざっくりいえば約40時間の労力がPVの7割を稼いでおり、約188時間の労力はPVの3割程度にしかなっていないということです。

もちろん、サイトの特色を出すという意味では後者の記事は非常に役に立っているのも事実です。

ただ、後者の「ただ自分が発信したいだけの記事」よりもPV数という結果を求めるなら前述の2要素を吟味してキーワードを選択した「市場ニーズに多少なりとも目を向けた記事」に注力するほうが明らかにPVを稼ぐのに近道なわけです。

ブログ記事にもマーケットイン(市場性から考えるやりかた)を!

a 検索ボリューム数からキーワードを選択する方法

結局のところ、

検索ボリューム数=世の中のニーズ=知りたい・困っている人の数 なのかと思います。

したがって、まずは検索ボリュームの多そうなキーワードをまずは選択しなければなりません。

現時点で検索ボリューム数を予測する無料で最も間違いの無いツールはGoogleのキーワードプランナーです。

キーワードプランナー

関連語と組み合わせて検索ボリューム数を表示してくれるので非常に重宝します。また、200円程度を毎月必要コストとして支払えるなら詳しい予想検索数を表示させることが可能です。

また、敢えて他にあげるならaramakijake(アラマキジャケ)というツールがあります。アラマキジャケは手軽に調べたいときに便利なツールです。サッと使えます。また、表示順位による予想アクセス数も非常にありがたい機能です。かなり正確。

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp

予算が潤沢なら「KeywordFinder」という素晴らしいツールもありますが、月5万円~というビジネス仕様です。

いずれのツールを使用するにせよ、まずは検索ボリューム数が多いところで勝負しましょうということです。

ちなみに月間検索ボリューム予測が80,000件のキーワードで8位表示の記事がありますがそれで月3,000PVくらいあります。ちなみに1位になれば3万PV、2位で1万PVくらいだそうです。

例えば少なくとも書いた記事が8位前後に表示される(月3,000PV程度になる)ことを目標にするのであれば、検索ボリュームが10万件程度のキーワードを約300記事分用意すれば100万PVまで積みあがることになります。

リライトして表示順位を上げれば記事は半分の150記事でもいけるかもしれません。

サイト内の回遊を促して1セッション当たり2PVになればさらに半分の75記事でもいけるかもしれません。75記事であれば1~2年あれば現実的にできそうに思いませんか?

いずれにせよ、様々な施策でPVを向上させるにしても、すべては検索ボリュームを調べて記事を書くことから始まるということだけは念頭に置くべきです。

b ライバル・難易度から狙うキーワードを決める方法

キーワードの検索ボリュームでPVを狙うのは良いのですが、結局のところ上位表示されなければ絵に描いた餅になります。

特に運営し始めた直後のブログなんてサイトの評価自体がGoogleにほとんどされていないような状態なわけですから、自分よりも長く運営していてコンテンツも豊富、しかもジャンルを絞って専門にコンテンツを発信しているサイトの方がどうしても有利になります。

そうした中でブログ初心者がどうやって上位表示を達成するかといえば、ライバルのいないキーワードを狙うしかないわけです。

いわゆるSEO難易度とか穴場キーワードってやつです。

このSEO難易度を調べるツールですが、、、非常にSEOのキモになるためかほぼ無料ではツールがありません。

あえてあげるならrishirikonbu(リシリコンブ)やSEOPackがありますがあまり参考になりません。得られる情報が限られています。

SEO難易度チェックツール | 無料SEOキーワード選定ツール集 rishirikonbu.jp

SEO難易度を調べよう!キーワード難易度チェックツール|格安SEOのSEO Pack

まあ、「詳しく知りたいなら金を出せ」というわけです。当たり前ですね。そしてその費用は月額せいで最低でも5,000円から。

すでにアフィリエイト収入が毎月〇〇万円あります!って人はお金を払ってもリターンが上回るでしょうが、初心者には厳しい出費です。

ちなみに私のオススメはこれ。分析力を身に着ける必要がありますが初期費用のみでいけます。

オールインワンのSEOツールCOMPASS


販売ページの動画を見るとわかりますが、なかなかの機能です。記事タイトルにキーワードが入っているか、記事前文にキーワードがどの程度入っているか、被リンクはどれくらいあるかなどを瞬時に調べてくれます。

初心者にはこれくらいシンプルな基準で競合状況を調べるのが丁度いいのではないかと思います。慣れてきてからコンテンツの質まで調べたら良いかと。

どのツールを最終的に選択するにせよ、競合が少ないキーワードを狙うのは非常に重要であることには間違いありません。

最終的にaとbのバランスでキーワードを決定する

さて、最終的にキーワードを設定するには検索ボリューム数と上位表示の難易度のバランスになります。

初心者には検索ボリューム数が5,000くらいの複合キーワードでライバルが少ないものが良いようです。

そしてそれらを調べるのにaとbで紹介した方法で可能です。決してできないわけではないということです。偶然を必然に変える方法はあるのです。

月間100万PVを目指すための私の戦略まとめ

まあ、戦略というほどのことでもないのですがこんな風に考えています。


  1. まずはキーワードボリュームとSEO難易度を重視した記事を毎週2記事書く

  2. モチベーション維持のために自由に発信したい記事は1時間以内で書く

  3. 前者の記事の積み重ねで月50万PVを目指す

  4. 前者の記事は@月3,000PV程度を目安にする(つまり約160記事)

  5. つまり80週(約2年)で50万PVになるのを目指す

  6. 回遊率を向上したり固定読者を増やして次の100万PVを目指す


結局は「ただひたすらに丁寧に記事を作成していく」ということではあるのですが、これまでのように投下した記事作成労力が無駄にならないようにだけはしたいと思うのです。

f:id:ganapati55:20170707142211j:plain

追記

こう考えるとサイトアフィリエイトに力を入れたほうが収入にはなるのかなと思わずにいられません。上記の記事を週1にして残りの労力をサイトアフィリエイトに・・・。