ワクワクして働くための生産性↗向上Hacks

ワクワクは最強のライフハックなのです。

わかりやすいと評判のGoogleのTEST MY SITEをやってみた

f:id:ganapati55:20180117154659j:plain

どうも!

Ganapatiです。

f:id:ganapati55:20170707142211j:plain

ブログやWEBサイトを運営している人にとってSEOはとても気になる話題だと思います。苦労して運営しても誰にも読まれないのはあまりに悲しいですよね。読み手のことを考えてサイトを運営するのがSEOの本質だそうですが、テクニック論がどうしても先行するのはしかたないのでしょうか?

わかりやすいUIと評判のTEST MY SITE!

昨年GoogleがWEBサイト運営に役立つ新しいツールを発表しました。お恥ずかしいことに私はそれに全く気づかず・・・・。使ってみてたらすごく使いやすかったです。調べてみたら「使ってみたレポート」も少ないようなので今回はそれをご紹介します。

GooglePageSpeedInsightsのようでちょっと違うTestMySite

そもそも私はGooglePageSpeedInsightsと同じものかと勘違いしていました。

GooglePageSpeedInsightsはPCとモバイル両方のページ表示スピードを評価し改善個所を提案してくれるツールとして有名ですね。

ちなみについ先日機能が多少変わったそうです。

それでどんなところが変わったのか調べているうちに発見したのが「TEST MY SITE」。昨年の7月頃に発表されていたらしいです。

testmysite.withgoogle.com

何が違うの?

GooglePageSpeedInsightsとどこが違うのかといえば

1.モバイルサイトの最適化に特化していること

2.初心者でもわかりやすい説明(分析)になっていること

です。

ぶっちゃけ類似ツールであるGTMetrixの分析機能の一部が加わった感じがします。

TEST MY SITEで実際にテストしてみたらこんな感じです

遅ればせながら実際に分析してみたのでそのプロセスをご紹介します。まだ使ったことがない方はご参考まで。

URLを入力(操作は完了!)

まずはURLを入力します。そしてそれでほぼ完了です。

1分ほどかかるらしい

分析には1分ほどかかるらしいです。

3G接続を試してくれるらしい(新機能!)

モバイルテストなので3G回線でアクセスしたときの分析をしてくれるようです。

日本ではもはや4Gなのでう~~~ん、という感じがしますけどね。

というか4Gでの分析もしてくれるようになって欲しいです。

圧縮状況などいつもの分析もしてくれるらしい

この手のツールの定番分析もしてくれます。

読みやすさなども分析してくれるらしい(新機能?)

どういうロジックかはわかりませんが、読みやすさの分析もしてくれるようです。

類似サイトと比較してどうなのか分析してくれるらしい(新機能!)

類似サイトと比較してどうなのか分析してくれるらしいです。

しかし、類似サイトってどう判断しているのでしょう?

分析結果表示その1:表示秒数と離脱率予想(新機能!)

3G回線でアクセスした際の参考指標が表示されました。こんなに離脱するものか・・・。とはいえ3Gですからねぇ。。

ちなみにお馴染みのキャプチャ画像も。

分析結果表示その2: 同種内の比較(新機能!)

f:id:ganapati55:20180117154948j:plain

類似業種での比較結果です。参考程度でしょうか?商用サイトなら役立ちそうですね。

分析結果表示その3:表示速度UPの可能性(新機能!)

これはありがたい機能です。提案された対応策をとればどれくらいまで改善可能かの表示です。

やる気もあがるってもんです。

提案表示:優先順位の高い修正案

実際に優先順位の高い改善案の提案をしてくれます。

レポート送信してくれるらしい

有り難いことにレポートとしてメール送信してくれます。HTMLメールなのでご注意を。

TEST MY SITE使用上の注意

① PC版もテストを!

半数以上はモバイルユーザーとは言われていますが、PCでの表示テストも行っておきましょう。

GooglePageSpeedInsightsを使用しても良いですし、次に紹介する他社のツールも良いと思います。

② GTMetrixなどのツールと併用を!

他社ツールとの併用がやはり推奨されます。ただし、WEBサイト運営自体に慣れていない人には改善が難しい内容も多くなるので初心者の方はやめておいたほうが良いかもしれません。

https://gtmetrix.com/

https://tools.pingdom.com/

③ 気にしすぎないことも大事

テストして結果が悪くとも気にしすぎる必要はありません。正直、なんだかんだ言ってコンテンツの方が大事なわけで・・・。

最低限のスマホ表示対応だけしておけば問題はないかもしれません。

④はてブユーザーはできないことも多い

最後に、はてブユーザーなど「ブログサービス」を使用している人は対応できない内容も多くなります。「分析したけど改善できそうになくてガッカリ」となるかもしれないので、そういうものだと割り切って使いましょう。

まとめ

サイトを作ったりデザインを変えたらTESTMYSITEで表示スピードの点検をしておこう!