ワクワクして働くための生産性↗向上Hacks

中小企業や個人事業で頑張る人が楽して他人の3倍成果を上げるために役立ちそうな情報を紹介しています。

Windows10で切り抜き画像を作成する方法。他のツールと精度比較してみました。

f:id:ganapati55:20170914165930j:plain

どうも!

Ganapatiです。

f:id:ganapati55:20170707142239j:plain

画像から背景を削除する技術というと一昔前は専用のソフトをお持ちのプロにお願いしないといけませんでした。始めて企業のWEBサイトを作るとき1枚3,000円くらい取られた記憶があります。

今は簡単なものなら自分でできてしまう時代になりました。技術の進歩ってすごいですね。

画像切り抜きしたいときの方法と精度

資料作成・素材作成の際に画像の余分な背景を切り抜きたいときってありますよね。

正攻法であればPhotoshopといった高価なソフトウェアを使うのでしょうが「Photoshopなんてないよ!」という方も多いはず。

そんな時でも多くの人ができる2つの方法をご紹介します。

【前提条件】加工前の画像

f:id:ganapati55:20170914164526j:plain

加工前の画像はこれです。この写真からジャンプする少女を切り抜きます。

これは結構面倒な題材です。髪の毛が風でばらけてます。解像度も微妙なものを敢えて題材にしました。拡大すると色の境界が非常にあいまいになっています。

f:id:ganapati55:20170914164541j:plain

↑拡大するとかなりもやっとした境界になっているのがわかります。

Windows10の無料アプリ"Paint3D"で切り抜いてみる

まずは期待の新アプリPaint3Dを使って切り抜きをしてみます。今年のクリエイターズアップデートでWindows10に標準搭載となったツールです。3D画像データを作るためのものとばかり思っていた人は是非この機会に覚えておくと便利かもしれません。せっかくなのでその手順も紹介します。

① アプリを立ち上げます

f:id:ganapati55:20170914164625j:plain

② ファイルを開きます。

f:id:ganapati55:20170914164635j:plain

③ 大雑把に四角で囲み(選択し)、マジック選択をクリックします。

f:id:ganapati55:20170914164648j:plain

④ 切り抜かれました。これで問題なければ完了をクリック。

f:id:ganapati55:20170914164700j:plain

⑤切り抜いたオブジェクトをコピーします。

⑥新規作成をし白紙の状態で貼りつけするとこんな感じ。

f:id:ganapati55:20170914164716j:plain

感想

30秒くらいで作った割には良い感じです。細かな調整はできないようです。全くではありませんが・・・。今回のような微妙な画像を細かく切り抜き調整するようなケースでなければ十分使用できそうです。

なお、背景透過画像として保存はできませんでした。別のWEBサービスなどを使って透過画像を作る必要があります。(最後に紹介します)

また、ペイント3D上で選択した画像をコピーしてもそのままWordなどのオフィスソフトに貼りつけることはできませんでした。なんか貼りつける方法があってもおかしくないはずなのですが・・・。

PowerPointで切り抜いてみる

写真加工機能も充実しているPowerPointでも挑戦してみます。おなじMicrosoftの製品で多くの人が所有しているソフトです。性能がもし同じなら操作感でPowerPointの方がおススメになりそう。。。

PowerPointで切り抜く手順はググればすぐ見つかりますが、写真を挿入⇒書式タブ⇒背景の削除⇒保持領域と削除領域をドラッグして調整⇒変更を保存という順番で操作できます。

①背景削除を最初にあてた状態

f:id:ganapati55:20170914164751j:plain

結構余計なところも残ってしまいます。。。そこで保持領域と削除領域を指定して調整します。

f:id:ganapati55:20170914164922j:plain

②余計な部分を削除操作した状態

f:id:ganapati55:20170914164808j:plain

調整が完了したら画面キャプチャで素材化しましょう。

感想

髪の毛の間の青空部分が結構残ってしまいました。。。

青空部分を調整したいのですが、PowerPointでは拡大表示するとポイント削除のエリアも同じように拡大してしまい細かな選択は難しそうです。また、一部を選択すると別の一部が非選択になったりと、挙動が怪しいのもネックでした。。。

細かい画像の補正以上に、切り抜きエリアの調整が面倒です。ただ、Windows10にしかないペイント3Dと違ってパワポさえあれば利用できますので汎用性はこちらの方が高そうです。

【比較用】PhotoshopElements11で簡単切り抜きしてみた

最新版ではないのですがPhotoshopElementsでサクッと切り抜きしてみました。Photoshopであればもちろんもっといい感じの切り抜きができるのですが、、、高いですからねぇ。

f:id:ganapati55:20170914165012j:plain

だいたい1分くらいの調整でこれくらいまでなりました。やはり写真加工専用のソフトの力はすごいですね!青空部分が気にならない程度まで調整してくれます。

境界がくっきりした画像であればペイント3Dで全く問題なし!

ちなみにですが、解像度は最初の事例と同じでも境界がくっきりしていればたった30秒弱の操作で十分な切り抜き画像を作成できます。

① 元画像

f:id:ganapati55:20170914165056j:plain

② 切り抜き後

f:id:ganapati55:20170914165110j:plain

どうでしょうか?十分なレベルに切り取りできたかと思います。

背景を透過する方法(透過PNGや透過JPEG作成方法)

背景を透明化したいときは以下のサイトで背景を指定すればすぐできます。

画像背景透過処理

GIF,PNG,JPEG,BMP透過ツール - 画像背景の透明化

上記サイトに画像をアップして切り抜きたい色を指定するだけです。便利ですね!