ワクワクして働くための生産性↗向上Hacks

ワクワクは最強のライフハックなのです。

Office音声入力アドオン「Dictate」が出たので他のサービスと比較してみた。

f:id:ganapati55:20170712181655j:plain

どうも!

Ganapatiです。

f:id:ganapati55:20170707142224j:plain

今日紹介するHackはかなりの生産性向上になるかもしれません。

音声入力が許されている環境の人は是非試してほしいです。

MicrosoftOfficeアドオン「Dictate」

Microsoftは今年に入り様々な新しい機能・サービスをリリースしてきました。

今回紹介する「Dictate」もそのひとつ。

Microsoftのガレージプロジェクトからの正式リリースです。

↓こちらから入手できます。

http://dictate.ms/

Dictateの機能

DictateはPCにインストールされている「Word」「PowerPoint」「Outlook」の3つのソフトで使用できるアドオンです。

上記サイトからダウンロードしてインストールすると自動的に「Dictation」というタブが各ソフトに表示されます。

基本的には入力補助としての機能になりますが、Windows標準搭載の音声入力補助機能と大きく異なるのは「翻訳」にあります。

音声認識の精度を比較してみる

「吾輩は猫である。名前はまだない。」

「Windows10で素敵なパソコンライフを送ろう。」

この2つの文章を音声入力し、その結果を比較してみます。

※なおいずれもトレーニングなしの初期状態でのものです。

Google音声入力

吾輩は猫である名前はまだない

windows 10で素敵なパソコンライフを送ろう

完璧です。ただし、私の場合認識までやや時間がかかる感じでした。1・2テンポ遅れて入力してくれる感じです。句点読点がコマンドで入力できなかったのが残念。

iPhoneでの音声入力

吾輩は猫である名前はまだない。

ウィンドウズ店で素敵なパソコンライフを送ろう。

日本語入力モードではどうしても日本語に引っ張られました。英数字で「Windows10」とはならないのです。 Windows10にするには英数字モードで音声入力が必要なようです。

ただし、音声から変換までの時間が恐ろしく短い!!また、改行などのコマンドや句点・読点の音声入力も楽々。これは大きなメリットではないでしょうか?

Windows音声入力アシスタント

吾輩は猫である名前はまだない

Windows店で素敵なパソコンライフを送ろう

「10」が「店」になったのは残念ですが悪くない変換精度です。変換まではやや時間がかかりました。コマンドの処理もそこそこ便利です。

Dragon音声入力

吾輩は猫である名前はまだない。

Windows 、で素敵なパソコンライフ送ろう

「10」が「、」になってしまったのと変換速度がやや遅かったのが残念ですが、ピカ一の学習機能がありますので、有料ソフトとして面目は保たれるものかと思います。また、改行などのコマンドが便利。

Dictateによる音声入力

吾輩は猫である名前はまだない。

Windows10で素敵なパソコンライフを送ろう。

認識結果がリアルタイムでリボン内に表示され使いやすいです。iPhoneほどではありませんが、変換までの時間が短い感じがします。

入力コマンドはまだ実装されていないようです。そして面倒なのは「。」が自動で入力されてしまうこと。一つの文章を一気に入力する必要があります。

翻訳性能はどうか?

上記例文を翻訳させてみました。もちろん音声入力からです。

Google翻訳

I am a cat.There is no name yet.

Let’s send a nice PC life with Windows 10.

⇒さすがの安定性です。

Microsoftの新しい翻訳アプリ

I am a cat.I don’t have a name yet.

Windows10 a nice PC life.

⇒若干微妙ですが悪くありません。

Dictateによる翻訳

Spence’s cat. The name is still not.

I will give a nice Windows 10PC life.

⇒翻訳としては使えなさそうです・・・。

感想とまとめ

最後に私の個人的印象で感想とまとめです

音声入力で文書をWord等で作成するならDictateは悪くないが・・・

Dictateは動きも比較的早く、文字への変換精度も悪くない。なのでWord/PowerPoint/Outlookへの入力補助という意味では悪くないと思う。

が、いかんせんまだまだ開発途上といってよい感じ。入力のメインツールにはなりえない。なんだかんだ言ってNuance社のドラゴンスピーチがベスト。

学習させるのが面倒であればVoiceRepProというソフトを使うと良いです。以前試したがGoogleの音声認識技術を使うのでかなり便利です。

ブログなどの文章をサクッと書くならPCよりスマートフォンの音声認識

単純に文章の下書きをパパっとスピーディに作成したいならiPhoneでもAndroidでも標準搭載の音声認識を使って文章を作成し、クラウドサービスやメールで文章をPCに送ったほうが圧倒的に早いです。

スマートフォン上で修正するのは大変ですが、修正はあくまでPCでと割り切ればものすごく早く文章の作成ができます。

翻訳はGoogleが今のところダントツでいい感じ

最後に、翻訳はDictateでは使えない。今のところだけど。いずれMicrosoftのAI翻訳システムにつながるようになれば精度も向上すると思う。それでもなお、日々蓄積される経験値はGoogleが圧倒的に多いので、やはり翻訳はGoogleがベストな選択と言えるでしょう。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/21/news091.html